Ms.teryさん

気の向くままに

現状

久しぶりに開いてみた。最近、僕にとっては珍しく悲しみに暮れる日がない。感情に浸るといった時間もあまりない。そんなこんなで書きたくなるような感情も見つからない。

これは良いことなのだけれど、とてもとても素晴らしいことなのだけれど…

僕は悲しみという感情に浸るのが割と好きなのだ。気持ちは下がるが、その時だけ自分という人間を理解できる気がするんだ。それに、僕は悲観主義者だ。そうでないかもしれないけれど、悲観主義者であると自負することに大変満足している。まあ、変態なのかもしれない。僕は悲観主義の変質者だ。

そんな僕にとって悲しみの供給が不足している今この瞬間、なんだか虚しさを覚える。そんな虚しさにうまく生きていけない人間性が出ているような気がする。

自己肯定感

特別本を読むというわけではない。好きな作家がいることにはいるが、他の人の本を読むかと聞かれるとそうではない。だから本を読む人に比べて圧倒的に語彙力が足りていない。及ぶわけがない。

そんな僕は国語が苦手だった。というより文章を書くこと自体が苦手だった。小中の頃なんか「〜だけど、〜けど…」みたいな文なんて余裕で書いていた。読み返すのも面倒で先生に指摘されて気づく程だった。言葉にすること自体が億劫だった。

でもある日、本当に唐突に僕の中にあったはずのものがなくなっていることに気づいた。そこには僕を構成していたはずの何かがあったはずだ。ああ、これがドーナツの穴みたいだってことなんだなって思った。穴を穴だけ切り取れないように、僕が存在することを証明なんかできない。それが不気味に感じた。何者でもない僕が失くなったものさえも気づかないのであれば、そのうちに消えてしまいそうで怖かった。

僕は僕のまま死んでいきたい。本気でそう思ってた。誰かを巻き込んで、ありったけの迷惑をかけて、鮮やかな紅色でそいつの世界を染めたかった。少し歪んでいるけれど、そう望んでいた僕は僕が消えることへの耐え難い恐怖に夜も眠れなかった。

僕は僕でいよう。そう思い立って言葉にしていった。自分の感情を書き出した。当然、最初の頃は酷い文章だった。それでも恐怖から逃れるために書き続けた。書き溜めて、読み返した。そうすると自然と変な文章がそれなりに伝わるようなものになっていった。

才能なんかじゃない。そんな大層なものじゃない。ただただ逃げてきた結果だ。なのに何故だか最近よく褒められる。すごいねって言われる。そろそろ認めてもいいのだろうか。僕はすごいんだって思ってもいいのだろうか。きっとそう思えることが才能への第一歩なのかもしれない。

才能なんか

追い詰められていけばいくほど、ネガティブな感情の供給が追いつかなくなる。悲しみや不幸、苦痛、逃避願望、自暴自棄、自己嫌悪。そういったものが僕に追いつかなくなる。そうして感情そのものに対する言葉が見当たらないことに気づく。

苦しくて逃げ出したいはずなのに、何から逃れればいいのかわからなくなる。けれど確かにそこには恐怖がある。無知からくる恐怖ではない。もっと具体的な恐怖で、もっと本能的な恐怖。僕はそれを知っていて、でも言葉で言い表すことができない。

 

才能が羨ましい。僕に才能なんかない。

「よく言葉にできるよね」「その語彙力分けて」「感覚的に言葉を選べてる」「さすがはポエマー」「君はすごいよ」

そんなこと言われるけれど、実際にはそんなことなくてこの感情を言い表すことができるほどの才能なんか持ち合わせていない。

 

辛い時に辛いと面と向かって言えないから、こうやって書き溜める。実際にはノートに書いたりしている。手軽に思い出せるようにスマホにおとしたりする。そうやってできるだけ負担を減らす。

でも言葉で表せない時はどうしたらいいのだろうか。こういう時は決まって壊れる。僕を保てなくなる。僕はすごくなんかない。才能があればこんなこんな感情を歌詞にでも小説にでも落とし込めるだろう。

 

誰かが言った。

厭世と多幸は表裏一体だと。

その言葉を信じて僕はまだ厭世にも立ち向かえる。

いつか

ネガティブな感情ほど創作を捗らせるものはない。

でも、創作するたびにそれに飛び込んでしまうのは無理があるような気がする。

だから、いつかくるその時のためにこの感情を大切に取っておいてる。

ここは備忘録。

意図的な死

あるドラマでのワンシーン。

病気で余命宣告を受けていながらも奇跡的に快復した女の子。けれど最愛の恋人が事故で死んだ。生きる理由を失い、車の前へ飛び出した女の子。その時女性が後ろから引っ張り、死ぬのを止めた。そして言う。

「お前が死んだら、お前を轢いた人に迷惑がかかる。お前のせいで轢いた人は人生がめちゃめちゃになる。お前は可哀想じゃない。轢いた人が可哀想だ。死ぬなら一人で死ね。」

 

このシーンを見た時、はらわたが煮えくり返りそうなほど腹が立った。

迷惑をかけるなだと?轢いた人が可哀想だと?てめえは何様だよ。こっちの気持ちなんて知らないだろ。そもそも迷惑をかけるなと言うくせに、そのお前が今女の子の迷惑になってるだろうが。誰かに降りかかる不幸から誰かを救っただけでいい気になるな。お前のやってることは飲酒運転のトラックに轢かれそうな人を突き飛ばして助けてるだけのことだろ。その轢かれそうな人が助かって、通り過ぎたトラックに轢かれる人のことは考えてすらないだろ。お前が轢かれろ。お前が轢かれればトラックは止まるんだよ。お前が不幸になれ。偽善者が。

 

お前が不幸になれ偽善者が、とまでは言わなかったが、僕の感情を女の子が代弁してくれた。そのあと僕は女の子にその女性を車道に突き飛ばして欲しかった。迷惑をかけて死んでやるって言って欲しかった。

 

 

ボロクソ言われた後、女の子はもちろん怒る。

「てめえに何がわかんだよ。知ったような口さんじゃねえよ。」と胸ぐらを掴む。

「なんだまだそんなエネルギー残ってるじゃん」と女性は笑う。

そして女の子は諭され、結局死ぬことも気の迷いだったということで終わる。

 

思っちゃったよね。こんなものか。まあ所詮はドラマだよな。某日本の放送局だもんな。本当に死にたいなんて思ったことあんのかよ。

迷惑ってさ、行き場がないんだよ。ずっと巡ってんの。誰かの迷惑に誰かが不幸になり、また誰かへと迷惑をかける。そうやってできてんだよ。

なのに迷惑をかけるなだと?ふざけんなよ。この感情を自分で昇華しきることなんて無理だろ。お前にできるのか?まあお前にできたとして、僕がやる必要なんてないよな。

僕だったら女性を巻き込んで死ぬね。最後くらい誰かに最大限の迷惑をかけて死んでやりたい。その中に女性が飛び込んできただけのこと。むしろラッキーかもね。一人で死ぬんじゃなくて、誰かと死ねるんだからさ。加えて、不幸にしたことを実感できるもんね。達成感すらあるよ。

 

まあそう思っただけ。女性にも女の子にも腹が立ったけど、僕とは違うのだからどうにもならん。女の子は誰かの不幸の八つ当たりなんかじゃなくて、本当の不幸に遭った。不幸の連鎖の起点に遭遇した。だから女の人に諭されて、仕方がないって受け入れられるんだろう。死にたいってのは一時の気の迷いだったのだと受け入れてしまえるのだろう。

死にたいと直感的に思うのもわかるよ。突発的な死の誘惑。そこにあるのは死にたいなんかじゃなくて、生きるのが辛いっていう思考なだけで死を目の当たりにすると怖気付いてしまう。すごくわかるよ。

わかるけど、腹が立った。女の子を止めた女性は女の子が突発的に死にたいと思っての行動だと知っているようだった。というかそうであるのが当然だという振る舞いだった。そこに腹が立った。突発的でない意図的な死がどこにも見当たらないその物語自体に吐き気がした。

 

このドラマを作った人に聞きたいよね。突発的な死は確かに車や電車に轢かれるとか、ビルから飛び降りとかってイメージはあるけれど、意図的な死は車になど轢かれないのかな。

遺言

周りの人たちが憎たらしい。ただ生きているだけで憎たらしい。ただ生きているだけではないとわかっている。でもそんなことはどうでもいい。どうしようもなく憎い。憎いと感じてしまうのが申し訳なくて、全てを消してしまいたい。僕の記憶から皆を消すか、皆の記憶から僕を消したい。

 

生きる理由までも失ってしまう。それはもう逃れることのできない結末。因果応報ではある。そんな事もわかっている。全て自分が悪い。なのに受け入れることができない。生きる理由を失うという事は僕が死ぬという事だ。はいそうですか、それなら仕方ありませんねと素直に受け入れることはできない。

 

きっともう僕は僕じゃなくなる。生きる理由を失った僕は消えてなくなる。これはある意味僕の遺書だ。最後の言葉だ。僕がもっと強ければ理想を追えただろう。理由を失わず、意味と目的も見出せただろう。でもあまりに僕は弱かった。

 

結局はこうなると決まっていたのだ。恋にはいつか終わりがくるように、僕が生きる理由を失うことも決まっていた。そりゃ当然のことさ。人は死ぬ。生きるというのは死に向かうという事。人は今まさに死ぬという行為の最中にあるという事。

 

けれど僕は少し勘違いをしていた。死に様を選べるとでも思っていた。どう死ぬかくらいは決めれると思っていた。たが、実際はどうだ。後悔に苛まれながら僕は消えてゆくのだ。そう予め決まっていたのだ。

 

悔いながら死んでいくと知っていたら、生きる理由を探すなんてしなかった。失くすと知っていて誰が探そうか。

もうどうしようもない。どうしようもなく皆が憎い。皆に不幸が訪れることを心から願っている。