Ms.teryさん

気の向くままに

僕について

生きる。

やっとわかったよ。死ぬ理由にならない本当に生きる理由。好きな人をを生きる理由にしてしまえば、死ぬ理由になってしまうって考えてた。でもさ、違ったんだよ。 僕はあの人に会うために生きようと思う。会うために死ぬやつなんていないだろ。たとえあの人が…

醜態

僕の話すことの半分は嘘だ。その後、僕の話したことの8割は嘘になる。そのことについて僕は別になんとも思っていない。 愉悦や恐怖、安堵、注目などの目的の違いはあるはずだが、多くの人が嘘をつく。そうしてついた嘘に織り交ぜた本当も時間が経てばそうで…

欲求

生きる理由ってなんだ。絶対的な生きる理由ってなんなんだ。僕はそれがまだ欲しい。どんな状況でも成り立つ生きる理由が欲しい。残念ながら、僕の持つ生きる理由は死ぬ理由にもなる。あるいは死ぬ理由が生きる理由になり得てしまっている。 もっと本能的な生…

ごめん

僕は過去に縋ってる。今でもなく未来でもなく、僕の前にあるのは過去。目を背けたい時間もずっと浸りたい思い出もある。全部ひっくるめた過去が僕の前にはある。 僕は今と向き合えていないんだ。昔から目を逸らしてきた。6歳の時には両親の離婚を、9歳の時に…

活力

やりたいことがわからない。任意と必須と興味とに引き裂かれて、そんなもの失くしてしまった。昔は全部好意の上に成り立ってた。なのに今じゃ興味だけになって、残りは苦痛の上。きっとそれが良くなかったのだろう。 やっと見つけたはずの自我は、行き場がな…

なんか同じこと考えてる

前回の続き。 考えたんだ。僕は息苦しさから逃れるために死にたいと思っている。けれども、僕は魂的なものがあると信じている。となると、死んでも解決にはならないのではないか。苦しいのはこの意識なわけであって、それが残るのなら死ぬのは無意味なことな…

妄信

人に話すと嘘っぽくなってしまう話。 僕の母方の家系の一部の女性には見る能力がある。残念ながら(残念かどうかはわからないが)、強いその力を持った人は最近いないようだ。母によると受け継がれているわけではなく、そういうのがあるよと祖母に言われて思い…

自己

何かを考え始めて飽きたり、行き詰まったりして他の何かを考えたはずなのに、結局は同じところに戻ってくる現象に名前をつけたい。 ループとも違う気がする。でも本当に不思議に思うほど、ある一つの疑問に収束する。 僕を僕と呼ぶこの自我はなんなのだろう…

嫌いじゃないよ

3日前、花火を見た。 名前は知らないけれど下が勉強机を置いたりできるスペースがあって、その上がマットレスを置けるようになってる二段ベットみたいなので横になってると、どーんと音が聞こえた。 初めの方は歩道と車道の間にある側溝の蓋の上を人が歩いた…

ついさっき絶望した。 僕は蝉が好きな少年だった。 虫取り網を持って捕まえては籠に入れ、気がつけば蝉で溢れていた虫籠を家に持ち帰り、父にうるさいとこっぴどく怒られることもあった。 あんなに綺麗に抜け殻を残すものだから、一つ一つ違いはあるのだろう…

行動基準

愛している人がいるとする。 その人をどのくらい好きなのか言葉で表すのは、この世で猫に名前をつけることの次くらいには愚かな行為だ。 (飼い猫に名前をつけるのは愛情表現や躾など役に立ち、便利であるので必要ではある) 猫に名前なんてつけたら、自由気ま…

いたいのいたいの、とんでゆけ

「私、死んじゃいました。」 健康体そのもののような少女は言った。 とても死んだようには見えない少女。 しかし僕は彼女が死んだという確信があった。 他でもないこの僕が彼女を殺したのだから。 飲酒運転中の交通事故。最悪だ。 少女は出来事をなかったこ…

危うさ

泣こうって思ったら泣けるようになってた。 別に悲観することはない。 ただそうなっていることに気づいた。 何も悲しくなんかない。 でも、泣こうって思ったら泣けるんだ。 昔は悲しみの供給が必要だった。 辛い時、どうしても泣けなかった。 泣ける話を検索…

楽観的な悲観主義者

生きづらい そう思っている人ならなかなかに多い気がする 生きていることを悔やんでいるような、生きることに絶望しているような。 でも、大抵は諦めている。 どうせ死ねない。 どうしようもないが生きるしかない。 生きるしかないのだが… 生きているのが辛…

性癖

薄々気づいてた。 というか認めたくなかっただけなんだけど… 多分僕はM気質。 いや、絶対にそう。 好きな人にいじめられたいっ!! …何言ってんだろ。 って思いますが、実際にそうなんです。 本当に何言ってんだろ。 こんな誰得情報を晒す意味あるのか… 恥ず…

逃避

俺さ、みんなの前で「差別だの区別だのごちゃごちゃうるせえ。君だから、それだけでいいだろう」的なことを上から目線で言った。 でもさ、そんな偉そうなこと言っておきながら僕自身が本当にそうしていたのかと聞かれても、はいそうですと肯定することはでき…

涙を枯らしてしまえ

泣いてはいけない。 ちっちゃい頃の僕はそう思っていた。 ちっちゃい頃と言っても2.3歳の話じゃなくて、幼稚園から中学生の時までのこと。 割と最近といえば最近までのお話。 ただなぜそう思っていたのかってのには明確な理由があった。 幼稚園の年長組だっ…

モノアモリー

生物としては優秀なのだけど… 生物としては正しすぎるのだけど… (まあ生物に正しいもクソもないよね) 彼氏彼女、もしくは夫妻がいるのに他の人を抱きたい、愛したいって僕は考えられない。 僕は根本的に理想主義なのだと思う。 というかそう認識している。 …

カースト

※あくまで僕個人の考え方であり、このように考えろだなんて思いません。気分を害してしまうことにつきましては、心から謝罪を申し上げます。 未だにカーストが何なのかわかりません。 バラモンとかクシャトリヤの話じゃなくて、スクールカースト的なもの。も…

エロって何?

母親の裸、従兄弟の裸ですら、気持ち悪い… これわかる人います? 好きな人の裸はいいんですよ。 むしろ、めちゃ見たい((殴 ただ身内の裸ですら気持ち悪いんですよね。 見たことないけど、友達の裸もキツいかも。 赤の他人は本当に気持ち悪い。 だから、周り…

クソ野郎

生きるってことは死ぬんだよ。 当たり前のことなのだけれど… 生きるの中に死ぬが含まれてるんだ。 僕たちは現在進行形で死んでるんだよ。 だけどさ、どうしても“死”は身近にないの。 どんなに死にたいと思っててもさ、相手の死なんて考えてないの。 どんなに…

性欲

僕は一応、男。 んー…生物学的に男。 男であることを受けて入れている(それ以外を諦めている)女になりたかった男。 いや、そんなのはどうだっていい。 僕は社会では男として生きることに決めたわけですよ。その方が色々と楽ですし。恋愛対象は女でもあります…

あなたの時間を奪うだけです

言葉って不完全で完成形じゃないですか。それがどうしても変な感じがするんですよね。 言葉以外に自分の感情を伝えることはできないのかって何度も考えるんです。身振り?行動?表情?いろんな方法はあるけれど、どれも曖昧なもの。 でも確かに、気持ちが通…

ずっとどこが痛いんだ

元カノと別れてからというもの、胸にぽっかりと穴が空いたまま。まるで太陽を忘れた空みたい。 朝起きて、風呂に入って、外を歩いて、家に帰って、顔洗って、眠るまで僕の世界は太陽を忘れたまんま。ずっとどこか寂しい世界。僕にはどうすることもできない。…

命とは

僕のルールのうちの一つ “いただきます”と“ごちそうさま”をできる限り言うようにする 食事は現在だと毎日摂るもので、そんな中で生活していると命がなんなのかわからなくなってくる。目の前にある料理は牛、豚、鶏、鮭などと言ったものが沢山使われている。 …

ぷつんって僕のどこかで聞こえた気がした

自分の中の何かが壊れる、そんな瞬間を迎えたことはあるだろうか。 自分を支える細い糸に向かって、小さな小さな出来事がボタンを押して、大きなハサミを動かす。このハサミは錆びついていて切れ味など皆無だが、確かに糸はほつれていく。まるでバーバーカッ…

どれほどの絶望があって自殺するのだろう。想像がつかない。考えたくもない。

今日指を切った。カッターでスッと。割と深めに。不注意だった。切ってすぐに指を洗った。血はなかなか止まらない。止血しようと手首を押さえても止まらない。血がどんどん溢れてくる。意識が遠くなっていった。息がしづらくなった。視界が霞んでいった。血…

もう2度と会うことのない人達へ

僕の中にはいろいろとルールがある。 その一つのお話。 お別れは悲しくなければならない だから、形式的なお別れの後は泣くことにしている。ルールって言っても、僕はそうしたいからそうしている。できるだけ悲しみたい。 そう思うようになったのは、僕の1番…

平和と幸せは似ている

先程の“僕は僕のまま”を書いてて思い出したことがある。小学生の時に国語の問題集にあった哲学的な問い。 平和とは何か。 何か戦争のお話が教科書にあって、それに連動した問題集的なものがあって、その問題に入る前に(後だったかも)に考えてみようのページ…

僕はまだ僕のまま

1年後の受験100日前の自分に向けた手紙を高校のHRで書いたんだけど、その内容を下に載せます(僕はもう卒業してます)。 1年後の「僕」へということにしましたが、きっと「僕」ではないのでしょう。100日前で焦っていると思いますが、僕にはわかりません。だ…