Ms.teryさん

気の向くままに

ふわりふわり

足の速さも スタート地点も

違うとこから ヨーイドン

蛍が飛んだ/4ma15

 

最近見つけた曲なんですが、歌詞が異様にささるんですよね。前を向いてもどうしようもなく、後ろを見ても満たされない。すでに歓声が聞こえるゴールに向かって、歩き続けるしかない。

 

自分の磨き上げた武器は現実の前では歯が立たず、せめて追い越されまいと踏み出すけれど、満身創痍の自分に鞭を打つのも火に油。躓いて転んでしまう。

 

そんな身の上を蛍が飛んだ。僅かだけれど確かな光を身に宿した、蛍が飛んだ。嘲笑うかのように蛍が飛んだ。その光を手に入れることができたならば、どれほどいいだろうか。

 

 

そんな感じの曲。

平等なんて言葉は所詮空想論でしかなくて、精神論ではどうにもならない。自分なりに頑張っているのに、遥か遠い光を見ては絶望してしまう。光に届くのはほんのひと握り、いや、ほんの爪の先にしかのらない程度でしかなくて、誰だって足掻いているのだとしても、“誰か”がどうしていようがどうでもよくて、ただただ嘆きたくなる。

 

立ち止まってしまいたいけど、取り残される恐怖に震えるよりは歩き続ける方がまだマシだと思い込んで、一歩また一歩と歩き出す。でも、3歩歩くと重たい足をあげる力も無くなって、歩き出したことを後悔する。

 

ふわりふわりと、蛍のように飛んでゆけたのなら…その眼には何が映るのかな。