Ms.teryさん

気の向くままに

息抜き

最近さ、耳の感度が上がってきている。

どちらかと言うと上げてきた。

YouTubeで耳舐めって検索して、集中して聴きながら、これは気持ちいいのだと思い込む。

意外と簡単に気持ちよくなれた。

まあ、もともと耳が弱かったってのもある。

 

でも1番最初の耳舐めを聞こうと思ったきっかけは違うんだ。

耳が弱いのがなんだか恥ずかしくて、荒療治的な意味で聞くようになった。

気持ちよくない。これは気持ちよくない。こんなの決して気持ちよくない…でも、あっ…気持ちいい…

ってな感じで目的が変わってしまった。

 

聞くとね、自分が薄れる。

ずっと耳舐めっていう動画もあるけれど、シチュを組み合わせて物語風にした耳舐め動画もあるのよ。

その物語に溶け込むのは心地いい。

僕は僕ではなくなって、ただただ快楽へと溺れる。

昇天することはない。

だからこそいい。

自分で慰めたところでさ、昇天した瞬間に賢者が乗り移るせいで、なんでこんなことやってんだろって自己嫌悪に陥る。

それがない。

ずっと気持ちいいまま、ずっと僕でないままで時間を潰すことができる。

 

最近になって人と関わる機会が増えて、僕は完璧であるようにと何故か勝手に自分で強いて、求められる自分のようなものと現実とのギャップに打たれて、もうどうにでもなりやがれ、何もしたくねえって。

そんな日々から解放されるんだ。

僕にとっては息抜きのようなもの。

 

ただやっぱり人前で聞くなんてことはできないから、人がいても合間にできる息抜きを探さなきゃならん。