Ms.teryさん

気の向くままに

死ぬ可能性

昨日、僕は死んでいたかもしれない。

想いを寄せる人に誕生日プレゼントを渡して、買い物に行って、二人でアイスを食べて、バス停でばいばいって別れた帰路の途中に死が転がってた。

 

生きている限り死はずっと付き纏うものであって、死んでいたかもしれないというのは毎日のようにあるはずなのだが、ここでいう死んでいたかもしれないというのはそれがわかりやすく体感できたということ。

 

家の近くの交差点。

押しボタン式の横断歩道。

いつも通りの帰り道だった。

 

僕はボタンを押し、スマホを見ながら青になるのを待っていた。

すぐに青になった。

僕は前へと視線を移し、進もうとした。

すると右側からエンジンの音が聞こえた。

横断するにはあまりにも不自然な音だったから、足を止めて右に視線を向ける。

よそ見をしていたのだろうか。

大型トラックが僕が渡ろうとした横断歩道を横切った。

止まっていなければ確実に轢かれていた。

あの距離ではブレーキは間に合わない。

 

僕の目の前を横切る瞬間、トラックの運転手が申し訳ないって身体中で表現していた。

死んでいたかもしれないのに、笑っちゃった。

だって彼があまりにも必死だったから。

 

もし僕がそのままスマホを見ながら飛び出せば、轢かれていたよね。

ただ僕はそんなことはしない。

僕のルールだ。

道を渡る時は道に注意を向ける。

自分が危ないからってのもあるけれど、ちょっと違う。

僕は不意に訪れる死が怖いんだ。

死ぬなら自分で死にたい。

道を渡る時、道に注意を向け、スピードを出して突っ込んでくる車を見ながら今死んでもいいか考える。

死にたくなったら飛び出そうってね。

まあ飛び出したことはないのだけど…

 

 

あ、そうそう。

ハワイでは面白い法律があるんだ。

横断歩道でスマホを見てはいけない。

もしかしたらアメリカ全体で言えるかもしれないけれど、流石に全部の州はわかんないや。

見つかると罰金があるらしい。

よく日本人が引っかかるから気をつけるように先生に言われた。

 

ま、そんなことは置いといて

死にそうになった。

でも、生きてた。

ただ僕は本当に足を止めてしまってよかったのかって考えた。

一瞬の出来事だった。

僕が足を止めたのは本能によるものだろう。

僕は死ななくてよかったのか。

絶好の機会を逃したのではないか。

 

しばらく考えてわかった。

僕はまだ死にたくない。

生きていたい。

 

結果として僕の選択は間違っていなかった。

でも、次からはきちんと選択できるように備えておこう。