Ms.teryさん

気の向くままに

カースト

※あくまで僕個人の考え方であり、このように考えろだなんて思いません。気分を害してしまうことにつきましては、心から謝罪を申し上げます。

 

未だにカーストが何なのかわかりません。

 

バラモンとかクシャトリヤの話じゃなくて、スクールカースト的なもの。もっと言うと、みんなが使う陽キャ陰キャなるもの、ジミーズやオタクだってわからない。

 

中学校の頃、部活入りたてだった僕にある先輩が言った

「もしかして、君はジミーズ?」

「ジミーズってなんすか?」

「地味な集団的な。暗い感じのやつ?」

「わかんないっすね」

先輩は苦笑い。

ただ僕は本気でわからなかった。

 

 

これからカーストという言葉でまとめるけれど、カーストがわからないからって楽な学生生活だったわけではない。

昼休みは仲のいい友達と話す、本を読む、校内を歩き回る、空を眺める、校舎裏で休むという具合に過ごしていた。

お分かりの通り一人で過ごすことも多かった。

 

その理由は単純明白、僕自身が拒絶していた。

嫌がらせをされてからというもの人と関わることを極力避けていた。

もうされないように自分を強く見せようとして、結構暴力的な態度をとっていた。

そんなこんなで友達なんて数えられる程度だ。

 

先輩の言うジミーズで間違いないだろう。

オタクで陰キャと呼ばれても仕方がない。

カーストの中では底辺だったのではないか。

今ではそう思うが、当時の僕はそんなものを一抹も感じていなかった。

 

 

今でも考え方自体は変わらない。

カーストなんてもの存在しない。

クラス内で権力のあるやつ、影響力のあるやつはいるだろう。

反対に影が薄いやつ、いじめの対象になるやうなやつもいるだろう。

 

ただそれをカーストと世間は呼ぶのだから、僕は嘘をついていることになる。

言い換えよう、僕の中のカーストという言葉に当てはまる状況がなかなかない。

 

だが、そんなことを言ってしまえば、本当にどん底の底辺の生活を知らないくせにと言われてしまう。

まあ、気にしてはいないのだけれど…

 

弁解をするなら、カースト上位勢にカーストあるって聞いてもなかったとしか答えないよってこと。

だって奴らは楽しいから。

仮に底辺のやつがいたとしても目にも止まらない。

 

非情か?

そんなもんだろ。

 

大抵の場合、カーストって被害者の妄想なの。

実際はどうだったの?

死にたくなるくらい辛かったの?

じゃあ、死に方調べたことはあるの?

どの方法がいいか考えたことあるの?

漠然と飛び降り、飛び出し、首吊り、リスカとかかんがえてるんじゃないの?

試したことあるの?

文字通り死ぬかと思って、死にきれなかったことあるの?

今度こそ死のうって死ぬ日を決めたことはあるの?

でもやっぱり死ねなくて、死ねない自分に絶望したことはあるの?

 

面と向かって話を聞くことができるなら、こういう言葉を僕は言いたいね。

顔も素性も過去も知らないやつに言われたら、今頃頭の血管切れて死んでるんじゃない?

そうなれば、願いは叶うね。

 

 

沢山煽って申し訳ないのだけど、正直そんなのはどうでもいいんだ。

辛いことがあって、それを表現する適切な言葉が見つかって、当てはめて自分は辛かったんだよって周りに言って、辛かったねって慰めて欲しくなるんだ。

誰だってそうで、僕だってそうだ。

みんなそうだからって、痛みは消えないけどね…

 

分解して考えてみると案外つまんないものでさ、結局は自分を認められたいってことに繋がるんだ。

ありのままの自分を見てよ。

ありのままの自分を愛してよ。

どうして自分を認めてくれないの?

どうして自分じゃだめなの?

もう本当の自分がわからないよ。

もうなにが痛いのかわからないよ。

そうやって複雑になってくんだ。

 

ただやっぱり根本にあるのは認められたい、愛されたいって気持ちだと思うんだ。

だからこそ、カーストって言葉を当てはめちゃダメだと思う。

しっくりくる言葉かもしれない。

でも、人間は弱さに甘えたくなっちゃうの。

 

弱さを認めるのは楽なんだ。

自分は弱いんだって認めてしまえば、それを理由になんだって諦めることができる。

それが完璧に悪いとは言えない。

ただ僕は強くありたいと思うよ。

 

綺麗事かな?

きっとそうだ。

綺麗事を言って、満足をしているのが僕だ。

自己満のために吐いた言葉が刺さるものか。

でもよ、言いてんだよ。

一番自分に言いてんだよ。

 

甘えんなクソ野郎。

これ以上逃げる理由を探すな。

ちゃんと向き合え。

お前の生きる理由はなんだよ。

死ぬ理由にしてんじゃねえ。

僕は僕でそれ以外の何者でもないんだよ。

僕だから仕方ないじゃないだろ。

変わろうとしやがれ。

行動に移せ。

 

 

あーまだまだ言い足りねえな。

けど、気づいたんだ。

誰かに不満がある時って、自分の欠陥を認められない時が多いんだって。

不満をぶつける相手を間違えちゃいけない。

大切な人を失いたいなんて、もう思うわけないだろ。